ホーム | インフォ | プロフィール | 小説 | イラスト | レシピ | 雑記 | 掲示板 | リンク | 送信 | 履歴 


戻る  次ページ 

<< 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 >>

 雑記

miscellaneous notes 

2017年05月

21日 交換しよう。

一覧

交換しよう。

2017年05月21日

クレーム・パティシエールを炊いたりムラング・イタリエンヌのシロップを作るのに銅坊主鍋を使っている。坊主鍋には角がないからホイッパーを使う場合でも混ぜ残しが生じることなく均一に仕上げられる。その把手がもうぐらぐらで、穴の位置をずらしたり柄を短くしたりと騙し騙し使ってきたが、さすがにもう限界かと新しいのに取り替えることにした。替えの把手は用意してあるからいつでも交換できたのだが、替えるタイミングが摑めず、ずるずる使いつづけていたのだ。

取り替え用把手

購入した当初は付属の釘で留めていたが、使ううちに緩んだため途中でネジに替えた。そのネジもかなり錆ついている。黒っぽく見えるのはコーティングで、錆びているのは溝の部分。替えの把手はネジ留めだから、錆びたのは捨てる。

ネジ

把手のほうもかなり腐食していて、いつ取れもおかしくないくらい。使用中に取れたりしたら大惨事になるところだ。

鍋は18cm径だが替えの把手は20〜22cm径用で、それでも短くした把手と同程度の長さだから、元の把手よりも少し短いことになる。欲を言えばもう少し長いほうがいいのだが、大と小の二種類あるうちの大のほうでこれなのだから仕方がない。

新旧把手

把手にネジ穴はないから、まずその穴を開けなければならない。つまり替えの把手を差し込んで錐で穴を開け、それからネジで留めるのだ。ところが錐穴が小さかったのかネジがきつく、ドライバーが空廻りしてなかなか留まらないのを力任せに無理矢理ねじ込んだらちょっと溝が潰れた。ネジがかなり柔らかかったらしい。

ネジ留めする。

交換完了

今後締め直したりできるかどうか不安だが、とりあえずぐらぐらしないからそれで良しとする。因みに替えのネジはない。

 雑記

miscellaneous notes 

<< 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 >>

戻る 上へ  次ページ 


コピーライト